Hang

   &

Piano

Ravid Goldschmidt

www.ravidgoldschmidt.com

Ravid is one of the first handpan player.

after working with the Hang creators

in Switzerland (2003) he decided to dedicate

his life to this unique instrument and

has developed a method of playing the instrument.

Now he is one of the leading HandPan player,

giving concerts workshops and making music

for Movies, TV and live performance.

In the year of 2013 Ravid comes up with the idea of the Oval (the first Digital Handpan)

which very quick becomes an attraction for different musicians from all over the world.

Soleiyu Eye

www.soleiyueye.com

on Piano,  Melodica & Voice
 

She didn't know what brought her into

the rigid classical piano training since her youth.

She learned classical piano at Toho Gakuen school of music

in her native Japan, also cello as a secondary instrument.

​Lead by the interest of opening her eyes,

she colored her palette of sound at Berklee College of music

where she met music from South America such as the voice of Milton Nascimento.

She has been exploring the relationship between her and her expression in music on the piano performing and traveling around the globe.

​Her collaborative improvised music with the Hang player (Ravid & Soleiyu) was reviewed as " Very refreshing, good combination of two, very good sound"

by Ryuichi Sakamoto on J-Wave. 

​Currently she is based in Japan,

Listening and performing 

what comes through the moment of existence that she witnesses.

ラヴィッド ゴールドシュミット(ハング・oval創始者)

 

多くの人々にはまだ未知であるこの打楽器(Hang,ハング)

の製造・チューニングを、スイスにて、

製作者のFeliz Rohner、Sabina Scharerに学び、

メタルの中のエネルギーの流れ方、

楽器のチューニング方法を知ることで

より有効的な奏で方を体得。

そこに様々な新しいテクニックを導入し、

TED, Hangについてのデモンストレーションを行うなど、

ハング奏者の第一人者となる。 

その制作経験による彼オリジナルのメソッドの元に、

バルセロナを拠点にスペイン・ヨーロッパ全土にて

ワークショップを開催している。

2014年には、エレクトリック楽器Ovalを考案・製作・発表。

 

楽曲は、2014年ラテンビート映画祭作品

”エル・ソムニ”を含む、数々の映像作品に起用されており、

本人も作品に出演している。

Silvia Perez Cruz、Carles Benaventなど、

数々の著名なミュージシャンと共演、録音に参加している。

ピアノとうた、鍵盤ハーモニカによる

叙情的な即興を含む流れを軸に、

「場」によった音時空づくりをする。

桐朋学園大学付属音楽教室を通してピアノを始め、

同高校からはピアノの他チェロも学ぶ。

同大学の卒業を機に渡ったアメリカ・バークリー音楽院にて、

心突く南米の叙情的な音楽に出会って以来、

長く海外の多様な土地土地を拠点に多岐舞台で活躍してきた。

「高度な技術に裏打ちされ、

たうたうような透明で暖かくその妖艶な美しいピアノの響きは、

まるで天上の音が溢れているようだ。」と、評される。