amo vocêSoleiyu Eye
00:00 / 01:35
Caccini : Ave MariaSoleiyu Eye
00:00 / 00:27

album"Parallel Rivers"

Parallel Rivers.png

coming performance  2021

8/4(Wed.)         SOLO + Guest : Noriko Suzuki (vocal) at AiReGiN Yokohama ☆Ticket

8/29(Sun.)       『未踏の地』 at AiReGiN Yokohama

9/8(Wed.)          SOLO at AiReGiN Yokohama

10/27(Wed.)      Coming Shortly

10/3o(Sat.)        『未踏の地』 at AiReGiN Yokohama

 
Soleiyu Eye 

生たる表現のゆえん。視点たる宙。​

桐朋学園大学付属音楽教室を通してピアノを始め、

同高校からはピアノの他チェロも学び、同大学卒業を機に渡米。

バークリー音楽院にて南米の音楽に出会って以来、

長く海外の多様な土地土地を拠点に、多岐舞台にて活動してきた。

「高度な技術に裏打ちされ、たうたうような透明で暖かく

その妖艶な美しいピアノの響きは、まるで

天上の音が溢れているようだ。」と、評される。

これまでに、Alejandra Ortiz(minuk)をヴォーカルに迎えた
オリジナルアルム”Two”、ソロピアノ即興レコーディング
”Parallel Rivers”の二作を発表している。
Parallel Rivers 収録の​ピアノソロ楽曲は
食器のノリタケによるマスターピースコレクションPVに起用された。
スペイン在住のハング奏者Ravidとの共作、
ハングとピアノによるデュオ、”Ravid&Soleiyu”の楽曲
 ”Open Sky”は 坂本龍一氏に、
「とても新鮮で、すごく良い組み合わせで音色がいい」
と評される。(J-wave)
​現在は日本が拠点。

ピアノとうた、木製鍵盤ハーモニカによる音時空を軸に

表現研究をしている。

Aspects of exsistence

 

She underwent classical piano training

at Toho Gakuen school of music in her native Japan,

also learned cello as a secondary instrument.

 

She colored her palette of sound at Berklee College of music

where she met music from the land of South America 

such as the voice of Milton Nascimento.

Since then, 

she has been exploring aspects of existence

listening to what leads her to each moment

performing and traveling around the globe. 

Her collaborative improvised music (Ravid & Soleiyu)

with the Hang player Ravid Goldschmidt was reviewed as 

“Very refreshing, good combination of two, very good sound”

by Ryuichi Sakamoto  on J-wave.

Currently based in Japan​

pursuing one's philosophy in form of creation.

arawasu

​Calligraphy, Drawing,  ​Cover Photo: Soleiyu Eye